このブログでは、主に2021年に私が受けたパーキンソン病の脳深部刺激療法(DBS)の個人的な体験を綴っています。2014年に若年性パーキンソン病の診断が出てから、もう8年になります。DBSの手術を受けていなかったらとっくに寝たきりになっていたはずなので、技術の進歩には驚くばかりですが、この手術を受けたパーキンソン病患者の人生が実際にどう変わったのか、という患者自身の個人的な体験については、ほとんど知られていないようです。このブログで、この病気について少しでも有益な報告を出来れば望外の喜びです。

脳深部刺激療法(DBS)体験記

手術編 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
調整編 その1

その他の投稿

パーキンソン病に羅漢してから、良くも悪くも随分とものごとをみる視点が変わったようにおもいます。色々と自分の考えを書いたものをここにまとめておきます。

知られざる苦しみ・声なき声
無知の知
「日本age」の恐怖